子育て悩み

すのこベッドで布団のカビともさよなら!折りたたみだと布団干しも楽らく♪子どもも安心な使用感。

投稿日:

寝具はベッド派ですか?布団派ですか?

数年前に引っ越した時に、どうしようかと迷いましたが、こどもがまだ小さいので「転がり落ちたら・・・」と考えると、こどもが小さい間は布団で寝ようと決めました。

 

ですが、我が家は全部屋フローリング。

フローリングに直に布団、の失敗を経て、すのこベッドにたどり着きました。

これ、ほんっとお勧めです!!

 

フローリング(床)に直接布団を敷くと・・・

すのこベッドを購入する前は、フローリングに直接布団を敷いていました。

 

まず私が思ったのは、「フローリングに直接布団だったら固いんじゃないかな」でした。

なので敷き布団は「極厚」とか「極太」と謳われているものを選んで購入し、床に直接敷くことにしました。

 

新しい敷き布団(楽天で、3980円くらいのやつ。日本製)を購入し、フローリングに直接敷いて寝始めたのは、冬でした。

朝、布団を畳もうとすると、当時0歳だった息子が寝ていた付近の床が人型に湿っていたんです。

もちろん敷き布団も、湿っていました。(びちょびちょってほどではないですが)

これはなんだかやばいなあと思いながら、日中は湿っている部分はできるだけ風があたるようにしながら使用していました。

 

すると・・・1か月もたたないうちに敷き布団の裏側にポツポツと黒いものがつき出しました・・・!

 

カビやん!!!

 

シングルを2枚並べて敷いて使っていたのですが、両方ともカビってました・・・

やはり床に直接はだめなんですね・・・。

 

ちゃんと毎日干してたらよかったのかもしれないですが、なかなか毎日干すなんて気力もでないし。。。

 

どうしたものかと友人に話していたら、すのこベッドのことを教えてもらいました。

ベッドっていっても足がついてるのじゃなくて、床に敷くやつです。

そして二つ折りにすると布団も干せる、便利なやつ。

 

すのこベッドの寝心地、使い心地。

さっそく楽天で調べてみました。

 

桐でできてるのと、檜(ひのき)でできているのが主流のようです。

中国産とかだと5000円代とかでも売ってました。

国産木使用の日本製だと1万円~ですね。

 

形も何種類かありまして。

・二つ折りタイプ

・四つ折りタイプ(M字)

・ロールタイプ(お風呂のフタみたいにくるくると巻いて収納できる)

 

我が家では国産 ヒノキ製 二つ折りタイプ のシングルサイズを2つ購入しました。

すのこ1

じゃじゃん!これです!!

ヒノキの香りがすごく良い♪

部屋が癒しの香りに満ち溢れています!!!

(香りは、半年くらい経つとなくなりましたが・・・)

造りはしっかりしていて、こどもが上に乗ってドンドンと足踏みしたり騒いでもちょっとやそっとでは壊れなさそうです。

 

しかも、二つ購入するとジョイントストッパーを無料でつけてくれました。

すのこ4

すのこ5

すのこ6

シングルサイズをふたつつなげるとこうなります。

ジョイントストッパーのおかげでズレることがありません。

 

すのこ9

布団を敷くとこんな感じになります

高さも、布団も合わせて10cmくらいなので、寝相が悪いこどもが落ちても大丈夫!

うちの子たちもよく落ちてますが、落ちても起きずにそのまま寝てます。笑

 

そして、通気性がいい!

何日間か敷いたままにしちゃうことがありますが、布団にもすのこベッドにもカビ生えてません!

 

布団干し機能

そしてすのこベッドのもうひとつの機能。

布団を干せる!

 

二つ折りにするとこうなります。

すのこ3

二つ折りにして立てる時のストッパーにはいろんなタイプがありますが、

うちのはベッドの一部分がストッパーになります。

すのこ2

なんかこの仕組みはこれを購入したお店が特許を取ったらしくてイチオシみたいです。

たしかにしっかりと止まりますので、ストッパーがとれて倒れたりすることはありません。

 

二つ折りにするのは30代後半、女、のわたしでも苦なくできます。

重くて大変、なんてことは感じたことはありません。

 

説明書には一応、布団をどけてから折りたたんでください、と書いてありましたが、ずぼらなわたしは敷き布団を敷いたまま折りたたんでいますが問題ありません。

(さすがに重いんで掛け布団はどけてますよ。)

 

すのこ7

こんな感じで干してます。

うちは大体1週間に一度この状態で干してます。

これだとベランダによいしょよいしょと運ぶ苦労もないですし、外に干してると虫がついたり鳥のフンとかされたら・・・ていう恐怖がありますが、その心配もなし!

安心して布団を干せます。

 

すのこベッドを使用した感想、メリット・デメリット

すのこベッドを使い始めて2年半が経ちましたが壊れたところもないし、布団にカビも生えないし、床も湿らないし、最高です!

布団干しが嫌いだったわたしでも、1週間に1度はすのこベッドを立てて布団を干すようになりました。

掃除も、ベッドだと角のほうにほこりがたまってもなかなか掃除機でも取りきれないし、かといって動かすのも大変だし。。。

でもすのこベッドだと簡単に移動できるし、立てて布団を干すときに一気に掃除できます。

 

デメリットは、、、特になし!いまのところ感じていません。

 

最後になりましたが、使用木材や、折りたたみ方によっての、それぞれのメリット、デメリットを調べてみました。

桐製

メリット

・軽いので折りたたみや、移動がしやすい

・調湿性がよい

 

デメリット

・檜に比べて耐久性がない、割れたりしやすい

 

ひのき製

メリット

・耐久性がよいため、小さいこどもがいる家庭におすすめ(飛んだり跳ねたりしても壊れにくい)

 

デメリット

・重いので折りたたみや、移動が大変

 

 

二つ折りタイプ

メリット

・立てて布団を干せる

 

デメリット

・二つ折りに立てるときに少し力がいる、重い

 

四つ折りタイプ

メリット

・M字に立てて布団を干せる

・立てた時の高さが低いから布団を楽に乗せられる

 

デメリット

・なし

 

ロールタイプ

メリット

・使わないときにくるくるっと巻いてコンパクトにしまえるので、来客用に便利

 

デメリット

・二つ折りや四つ折りのように、立てて布団を干すことができない

 

-子育て悩み

Copyright© 京都で暮らす あたこの育児日記 , 2019 All Rights Reserved.