教育

京都で七五三詣りをしました。一日の流れとかかった費用の総額はいくらくらい?!

更新日:

こどもが生まれ、すくすくと育っていくと必ず訪れる七五三。

初めてだと何を用意したらいいのか、費用はどれくらいかかるのかなどなど、わからないことだらけですよね。

わがやでは娘が3歳の時と7歳の時に七五三詣りをしましたので、その時に何を準備して、費用はどれくらいかかったのかを・・・

 

お教えします!

 

七五三とは

由来

それではまず、七五三の由来から。

医療が発達していなかった時代、幼い子どもの死亡率は現代よりもはるかに高く、7歳までは神様から預かった子とされ「7歳までは神の子」と言われていました。

そんな時代、節目ごとにこどもの健やかな成長を祈る行事として七五三の儀式が執り行われていました。

 

男女ともに髪の毛を伸ばし始める3歳の「髪置き」、男の子は初めて袴をつける5歳の「袴着」、女の子はひも付きの子ども用の着物のひもを取って帯を締める7歳の「帯解き」、のときに儀式が行われていました。

これが七五三の起源と言われています。

 

地域によっては男の子は5歳のときだけ、というところもあるようです。

 

何歳でするの?

年齢についても、昔は数え年で行っていましたが、現代では数え年でも満年齢でもどちらでも。

子どもの成長具合や、家庭の都合で行っているところが多いようです。

わたしの周りでも、数え年でしたって人と満年齢でしたって人どちらもいましたし、3歳のときは満年齢、7歳のときは数え年でしたって人もいました。

 

兄弟姉妹がいる家庭では、例えば満年齢で7歳の女の子と、数え年で5歳(満年齢4歳)の男の子を一緒の年にしちゃうってのもよく聞きますよね。

 

何月にお参りするの?

お参りの日については11月15日が一般的でしたが、現代では11月中で各家庭の都合の良い日にお参りする家庭が多いようです。

15日が休日とは限りませんもんね。

神社によっては11月だけでなく、10月~12月まで七五三のご祈祷をしていただけるところも多くあります。

 

前日までに準備するもの

それではさっそく七五三のお参りをするために必要なものの準備をはじめましょう!

 

着物

地域柄なのか、まわりで七五三をする人たちに着物はどうするのか聞いてみると、

「自分(母親)が七五三のときに着た着物」を着せる、って人がとても多くてびっくりしました!

わたしはこどものころ七五三をしてもらったことがなかったので、もちろん「自分の時の着物」は無く・・・

 

娘が3歳のときは被布のフルセット(着物、被布、長襦袢、伊達襟、刺繍半襟、巾着、髪飾り、ぞうり、足袋)を購入。

12.800円でした。

 

7歳のときは四つ身着物のフルセット(着物、長襦袢、結び帯、ぞうり、バッグ、箱せこ、帯揚げ、帯締め、しごき、扇子、足袋、腰紐2本、和装ベルト、伊達締め、髪飾り)をレンタル。

こちらは10.800円(安心パック込)でした。

 

なぜ3歳のときは購入して、7歳のときはレンタルにしたのかというと、3歳の被布ってフルセットでも1万円代でかわいいものがたくさんあるんです。

レンタルとそこまで金額は変わらなかったし、「七五三以外にもお正月や桃の節句でも着られます」って文言に魅力を感じ購入しました。(結局七五三以外には着ませんでしたけどね・・・笑)

7歳の着物はというと、フルセットを購入しようと思うと、いいなと思うものはもう5万円以上のものばかり。

レンタルだと1万円前後でかわいいものがたくさんありましたし、3歳のときの経験上、七五三以外には着る機会はなかったので・・・レンタルにすることに決めました。

 

髪飾り

七五三1

髪飾りは、フルセットでしたら購入する場合でもレンタルする場合でもどちらでも簡単なものはついていますが、あまり好みではなかったので・・・

3歳のときも7歳のときもつまみ細工の髪飾りを自分で作っちゃいました。

材料代は1.000円くらいかな・・・

 

7歳のときは、和髪にするので「かのこ」と「ちんころ」は購入しました。

これはふたつで2.130円でした。

 

着付け・ヘアーセットの予約

3歳のときは、被布は自分で着せられましたので、ヘアーセットのみを美容院で予約しました。

 

7歳のときはさすがに自分で着付けできないと思いましたので、着付けとヘアーセットを自宅まできてもらえる出張着付けの方に予約しました。

「京都 出張着付け」で検索して探しました。

七五三の時期は予約が混み合うと聞いていたので、お参りする1か月前には連絡しておきました。

わがやは平日にお参りをする予定だったので予約はすんなりできましたが、11月の土日にお参りする場合は1か月前と言わず、早めに探しておいたほうが安心です。

わたしが予約したところは、七五三の着付け(7歳 結び帯)は4000円+出張料1000円、和髪のヘアーセットは5000円+出張料1000円 でした。

和髪のヘアーセットをできる人が限られているため、着付けの人とヘアーセットの人の2人で来られるとのことでしたので、出張料が2人分かかってます。

 

お参り後の食事の予約

七五三の当日は両祖父母も一緒に参拝し、その後みんなで食事をする予定にしていました。

こんな時くらいしか両家で顔を合わせることもないですしねえ。

 

3歳のときは参拝する神社の近くにある懐石料理のお店を予約しました。

お食事代はお祝い代りにってことで主人の親がお支払くださることに。

ひとり5.000円の懐石料理(6人分)とこども用2.000円 の、計34.650円(税込)なり~。

こんなの自前では到底払えません・・・笑

 

7歳のときは、下に弟もいましたのでお店に行くのは大変やなってことで、家で出前のお寿司でもとろうってことになりました。

盛り込み桶と、茶わん蒸し・赤だし・1品のセットを7人分予約しました。

 

写真 出張撮影の予約

スタジオでの撮影があまり好きではないので、3歳のときも7歳のときも出張撮影をしてもらいました。

お参り当日に、神社に来てもらって撮影してもらいます。

知り合いのカメラマンさんに出張撮影をお願いしていますが、これもやはり11月の土日は予約が取りにくいとのことなので、

わがやはお参りは平日でしたが9月ころには予約しておきました。

 

お詣りする神社の情報

お参りする神社が決まったら、祈祷の受付時間や初穂料、駐車場の有無などを事前に調べておきましょう。

日によっては、神社の行事と重なってご祈祷ができない日や時間帯もありますので、神社に直接電話をして確かめておくと確実です。

基本的にご祈祷は当日に受付するものなので事前の予約は必要ありません。(神社によっては要予約のところもありますので調べておきましょう。)

 

初穂料(祈祷料)

神社にお渡しする初穂料。

神社によって金額が違いますので、事前に調べておきましょう。

初穂料を入れるのし袋は、七五三は慶事(お祝いごと)ですので花結び(ちょうちょ結び)になっているものに入れます。

 

お参り当日

前日までに準備はしっかりとできました。

当日はお天気もよさそうで、お参り日和。

7歳のときのお参りの一日を時系列で当日の流れを追って行きますね!

 

8:00

着付けとヘアーセットの方2人が自宅に到着。

まずヘアーセットを開始。

その間、着付けの方とおしゃべりをしながら待っています。

和髪のセットなのでけっこう時間がかかるみたいです。

簡単なメイクもして頂けました。

 

9:00

ヘアーセットが完了したので着付け開始。

こちらは10分そこそこで出来上がり。

お支払も済ませて、9:20ころにはお二人は帰られました。

 

9:45

車で神社に向けて出発!

 

10:00

神社に到着。

両祖父母とカメラマンさんと合流し、さっそく撮影開始。

門や手水舎、本殿などの撮影ポイントで写真を撮りながらご祈祷の受付場所へ到着。

 

10:30

ご祈祷の受付をし、祈祷していただきます。

平日でしたが前に3組ご祈祷されていて、わたしたちと一緒に祈祷する組には他に2組七五三のお参りの方がいらっしゃいました。

土日はもっとたくさんの方がお参りされるはずですから、待ち時間の過ごし方も考えておいた方がよいですね。

特に3歳だと待ち時間が長くなるとぐずぐず言い出します…

 

本殿内は写真撮影不可のところが多いので、カメラマンさんは祈祷中は外で待機。

ご祈祷は10分ほどで終わります。

 

11:00

無事にご祈祷を終え、神社内の他のスポットで写真撮影をして、お参りは終了。

両祖父母とともに自宅に戻ります。

娘は帰宅するとすぐに着物を脱ぎ、ヘアーセットもほどき、普段の洋服に着替えました。

 

12:00

出前のお寿司が届き、みなで食事をしました。

 

14:00

お寿司も食べ終わり、祖父母が買ってきてくれたケーキもいただいたところで、食事会は終了。

祖父母たちはそれぞれご帰宅されました。

 

その後、レンタルの着物をたたんで返送する準備をし、次の日にコンビニに持って行って返送手続きをしました。

これにて七五三の一日は終わりです。

 

かかった費用の総額

それでは、七五三をするにあたってかかった費用の全てをお教えします!

 

3歳のとき

●着物 被布フルセット(着物、被布、長襦袢、伊達襟、刺繍半襟、巾着、髪飾り、ぞうり、足袋) 12.800円

●髪飾り 1.000円

●ヘアーセット 3.000円

●初穂料 5.000円

●食事代 34.650円(大人5.000円×6人、こども2.000円×1人)

●写真代(3面台紙8カット付、全データCD、出張料) 43.200円

 

合計  99.650円

 

7歳のとき

着物  四つ身着物のフルセット(着物、長襦袢、結び帯、ぞうり、バッグ、箱せこ、帯揚げ、帯締め、しごき、扇子、足袋、腰紐2本、和装ベルト、伊達締め、髪飾り) 10.800円

●髪飾り 1.000円

●かのこ・ちんころ 2.130円

●着付け・ヘアーセット 11.000円

●初穂料 5.000円

●食事代(出前寿司 盛り込み桶と茶わん蒸し・赤だし・1品) 11.000円

●写真代(3面台紙8カット付、全データCD、出張料) 43.200円

 

合計  84.130円

 

7歳ときは、食事を家で出前寿司にしたところでかなり出費の削減になっていますが、それでも8万円超え・・・!

こどもの一生に一度のお祝いごとですが、なかなかの出費です。。。

 

これから七五三のお祝いをされる方のご参考になれば嬉しいです。

-教育

Copyright© 京都で暮らす あたこの育児日記 , 2019 All Rights Reserved.