お出かけ

雨の日遊びにもおすすめ!滋賀県の大津市科学館。プラネタリウムもあります◎京都市内からも近いよ。

更新日:

うちの娘は休み前になると、「土曜はどこ行くの」「何か予定あるの」といちいち聞いてきます。。。

休日が雨だったらどこへ行こうかと悩みますよね。

9月の3連休の初日、お天気がびみょーだったので、どこへ遊びに行こうかと調べていると、滋賀県の膳所にある大津市科学館というスポットを発見しました!

小学1年生の娘と2歳の息子、わたしとわたしの母の4人で行ってきました。

娘は宇宙に興味があると言って、プラネタリウムを楽しみにしていました。

 

 

展示ホール

お昼ごはんは来る途中の道すがら、びっくりドンキーで食べてきましたので、現地には1時すぎに到着しました。

建物の2階が展示ホールの入り口です。

入場券 ひとり100円(安!)を購入し、いざ入場!

 

2階フロアー

2階のフロアーには、鉱石やらプランクトンやらを見ることができる顕微鏡や、サイエンスコーナー(後ほど紹介します)、琵琶湖の魚(少しだけですが)が展示されています。

大津市科学館5

大津市科学館6

 

中央のホールでは床に映像が映されていて、歩いたりすると水の波紋のように映像が動くのがありました。

(説明が下手でスミマセン…)

大津市科学館13

2歳の息子はかなり面白かったようで、このゾーンで走ったりジャンプしたり寝転んで転がってみたり…と満喫していました♪

大津市科学館15

 

タッチパネルでクイズができるコーナーもあり、なかなか難しい問題もあったりしておとなでも本気になっちゃいます。

最後に点数まで出してくれます。

大津市科学館14

 

土曜日でしたが来館者は多すぎず少なすぎず、ほどよい感じ。

どこのコーナーもいっぱいで並ぶ、なんてことは一切ありませんでした。

 

幼児コーナー

2階の奥の方に、靴をぬいで入る幼児専用コーナーもあります。

ここは小学生以上は入らないでください、と書いてありました。

大津市科学館4

だーれもいなかったので貸切状態。

おもちゃが少しと絵本がありました。

大津市科学館3

歯車を回すこともできます。

 

わくわくサイエンス

大津市科学館7

毎週土曜日・日曜日および祝休日 13:10〜 約20分間、実演実験や科学工作をする催しです。

科学に関する実験はもちろん、簡単で楽しい科学工作もあるそうです。

先着24名定員で、基本的に子ども優先ですが、保護者の参加も可だそうです。

参加費は無料です。

 

わたしたちが行ったときは、たまたま最後1人分ぎりぎり空いていて、滑り込みで娘が参加させてもらいました。

大津市科学館1

工作系の内容だったので、だいたいこどもの後ろに保護者が座ってところどころ手伝ったりしていました。

もちろんひとりでやっている子にはスタッフの方が優しく教えてあげてました。

大津市科学館2

CDコマ、みたいなのを作っていて、回すと色がついて見える、不思議な工作でした。

 

 

3階フロアー

3階フロアーには、自分の手で触れ、試して、動かしてみるといった、実体験を通して、科学の基本的な原理やしくみについて学べる展示物がたくさんありました。

 

大津市科学館11

スイッチを入れた瞬間に、強力な電磁石に変化し、鉄の輪や棒をひっつけられる装置。

 

大津市科学館10

ハンドルを回すと電気が発生します。その電気は、いったん蓄電池にためられます。

そして、ボタンを押すと、ためた電気でプロペラを回します。

回ったプロペラの羽根には揚力が発生し、プロペラが上昇する仕組みです。

これ、こどもには楽しいみたいで何回も何回もやってました。

 

大津市科学館8

回転している中央のテーブル(ターンテーブル)にボールやリング等を回転させたり、そのまま置いたりしてボールやリングの運動の様子の規則性を見つけるコーナーです。

 

大津市科学館12

ここでは、 垂直とびの要領でジャンプをして、月ではどれだけとべているのかを測れます。

 

大津市科学館9

トリックアートも少しですがありました。

鏡の世界もこの裏側にありますよ。

 

こどもたちはこの3階フロアーがかなり気にいったみたいで、途中でプラネタリウムに行ったのですが、終わってからまた3階に戻りたい!と言って、戻ってきてからも長時間滞在していました。

ところどころイスも設置してありますし、フロアーもそんなに広くないため、保護者は座ってこどもを見ていることができます。

 

プラネタリウム

プラネタリウムには2階の展示ホールから一度出ますので、プラネタリウム終了後に再度展示ホールに入る場合は、半券が必要ですので無くさないように!

 

プラネタリウムの投影時間は45分間で、季節の星空の解説などをされた後にアニメがあります。

オリジナル作品と、今回行った期間(2018年9月~2019年2月)は、ポケモンとアンパンマンがありました。

時間によってアニメは変わりますのでスケジュールを確認されたら良いかと思います。

席は少なめでこじんまりとしていましたが、混みあうこともなくゆったりと見れました。

…が、おそらく保護者(お父さん)数名がリクライニングのイスと真っ暗な空間が心地よすぎてかなり大音量のいびきをかいて寝ておられました。笑

 

飲食

展示フロアーでは飲食禁止のため、水分補給も1階の休憩コーナーでしてくださいとのことでした。

館内4Fに自動販売機設置しました!と堂々と張り紙がしてあり、買いに行きましたが、ちょっとしょぼめの自販機が一台だけ…でした。笑

 

1階にはレストラン(喫茶店?)もあり、ランチもできます。

メニューもうどん・そば系、どんぶり系、カレーライス系、ハンバーグ系と、いろいろありましたので子連れでもいろいろ選べます。

 

 

まとめ

そんなに期待せず時間つぶしに行ったのですが、意外とこどもはとても楽しかったようで、「そろそろ帰ろう」と言っても「まだ帰りたくない」と3階フロアーで遊び続けていました。

2歳の息子もその辺りを走り回ったりスイッチ押したり、、で、ぐずることもなく、昼寝もせずに遊び続けていました。

来館者もそんなに多くなかったし、フロアーは見渡せるほどの広さなので2歳の息子を見失うことも無く、大人も知的好奇心をかきたてられる展示物もたくさんありましたので1日楽しむことができました。

「また来たい!」というので翌週の休日も雨だったので友だちを誘って行ってきました。

小学1年と3年の男の子たちもものすごく楽しかったようで、閉館の時間まで3階フロアーで満喫。(もちろんプラネタリウム後に再度3階フロアーに戻ってきました)

 

こんなにも楽しめるのに展示ホールの入場料100円!

お得だし、勉強にもなるし。

お天気悪い日にはまた行こうと思います♪

-お出かけ
-,

Copyright© 京都で暮らす あたこの育児日記 , 2019 All Rights Reserved.